MENU

部活動中のケガと損害賠償

怪我は自己責任?

学生時代に部活動でスポーツに明け暮れていた方の多くは、少なからず負傷した経験があると思います。
激しく身体を動かすということは、どんなに気を付けていても怪我を誘発しやすい状況なのです。
それでは、学校内で行われている部活動において、お子さんが大怪我を負ったとき指を咥えて見ているしかないのでしょうか?
今回はそうした事例について詳しく解説していきます。

 

担当教諭の安全配慮義務

部活動を行う際に、顧問の教員やコーチから指導を受けた覚えがあると思います。
そうした状況下において、担当教諭は生徒の安全確保のための指示や注意喚起、指導といった行為を伴う安全配慮義務が課されているというのが一般的な見解です。
これを逸脱するような指導をしていた場合には、国家賠償請求法に基づいた損害賠償請求が可能なのです。

 

事故の予見可能性

ここで大切なのが、生徒が怪我を負うことを担当教員が事前に予見出来たのかという点です。
教員が配慮や努力を尽くしており、どうあっても予見不可能な事故によって引き起こされた負傷の場合には、損害賠償は認められません。
競技の性質上負傷する可能性が高いスポーツであることや、練習相手との実力差、負傷した生徒の体調といった観点を総合的に判断したうえで、担当教諭が安全配慮義務を怠ったのかが立証されるのです。

 

 

 

請求出来るもの

上記のようなケースでは、慰謝料や治療にかかった費用を請求することが出来ます。
入院した場合にはその費用も含まれますし、介護や付き添いなどの措置を採った際にはそれに見合った金額が賠償額として上積みされます。
後遺障害が残った場合には、将来獲得していたであろう逸失利益も損害賠償として請求することになるでしょう。
ただし、生徒の側にも過失があったことが認められれば、過失相殺によって賠償の認容金額が抑えられる可能性も否定出来ません。

 

弁護士と相談したうえで

学校を相手にする損害賠償請求では、弁護士に力になってもらうことが必須といえます。
学校側も弁護士を立ててくるため、こちらも法律のプロフェッショナルに力を借りた方が希望通りの賠償を獲得出来る可能性が高まるのです。

生活妨害に対する損害賠償

迷惑行為に我慢ならず

人間は社会を形成していくうえで、法律や条例といったルールの中で暮らしています。
しかし、ルールを適切に守っていればすべてが解決かというとそうではありません。
法律は個々の具体的なケースに当てはめて解釈し、何が適切なのかを反する必要があるのです。
そんな私たちを悩ませるのが、騒音や悪臭といった生活妨害です。
今回は、生活妨害に対する損害賠償請求について詳しく見ていきましょう。

 

他者の権利を侵害する生活行為

マンションの床下から音がするせいで、眠れないといった経験はありませんか?
集合住宅に住む人には、静謐な環境で暮らす権利が保障されています。
これを侵害するような行為は生活妨害の一種であり、不法行為に基づく損害賠償請求が認められます。

 

受忍限度とは

生活妨害が損害賠償の対象となるのは受忍出来る、すなわち耐えることが可能な限度を超えた侵害行為であることや、被害を受けた側がそれを防止するのにどのような措置を採ったかによって判断されます。
また、妨害行為と体調不良をはじめとした損害に関する相当因果関係を立証するのは原告側だということも覚えておきましょう。
医師の診断書や通院にかかった費用の領収書を確保しておくことをおすすめします。
ただし、気分が悪くなったからといってすべてが生活妨害として認識されるわけではないことにご注意ください。

 

自分から働きかけて

生活妨害を受けた場合には、まずその旨を妨害者側に伝えて当該行為を控えてもらうようにお願いすることが大切です。
このとき、もう二度と同じような行為はしないという念書などがあると、損害賠償請求でプラスに働きます。
被害者側の直訴を受けたにも拘わらず、妨害行為を止めようとしない場合には損害賠償が認められやすい傾向にあるのです。
反対に、何ら対抗措置をすることなく損害賠償請求をしても、「これから改善するつもりだった」といった釈明をされてしまうと賠償が認められる可能性は低くなります。

 

弁護士を間に挟んで

ご紹介したような交渉や損害賠償請求は、弁護士に間に入ってもらうとスムーズな交渉に移りやすいといえます。
生活妨害でお悩みの方は、まず弁護士に相談してみてください。

 

 

更新履歴