MENU

遺産について知っておきたいこと

遺産にまつわる法律を知るべし

自分が死んだ後に残る財産はどうなるのか、親族が亡くなったときその財産は誰が引き継ぐのか。
財産を相続する側も、残す側も遺産に関して知っておくべき事柄はたくさんあります。
そこで今回は、遺産の分割に関する原則や知っておくと役立つ知識を詳しく見ていきましょう。

 

遺産相続方法

一口に遺産といっても、お金だけではなく株式や不動産といった様々なものが同時に引き継がれることも少なくありません。
こうした財産を効率的に引き継ぐために、遺産分割には3つの方法があるのです。
特に形を変えることなく財産を分割する方法を現物分割といいます。
父親が一軒家と預金通帳を残し、長男は家を、次男が通帳を引き継ぐといったケースが現物分割です。
一方で、すべてを現金に変換したうえで相続することを換価分割といいます。
遺産として複数の不動産があるけれど、相続人に上手く分割出来そうにないときなどは不動産を売却した金額を相続人で分け合うというものです。
一時的に一人の相続人が全てを相続し、その人から他の相続人に同価値の代償金を払う方法を代償分割といいます。

 

寄与分とは

被相続人が財産を増やすために多大なる貢献をしてきた人には、その働きに見合った分の財産が上乗せされることがあり、これを寄与分といいます。
財産の維持や病床にあった被相続人の看護など、被相続人が財産を築き、維持していくための貢献方法は様々です。
寄与分が認められたときは、まず遺産の全体から寄与分を引き、そこから相続の手続きに移ります。
本来は同じだけの金額しか受け取ることが出来ない立場の人たちも、寄与分によって最終的な受取額が変動することもあり得るのです。

 

弁護士とともに遺産分割を

遺産分割には寄与分を代表とした特殊なケースが多々見受けられます。
親族だけで財産を扱おうとすると、お金という障害によって血縁関係が歪になりかねません。
弁護士という法律のプロフェッショナルに立ち会ってもらうことで、全員が納得するような遺産分割を実現しましょう。
遺産に関して不安なことがある方は、ぜひ弁護士に相談してみてください。