MENU

スムーズな遺産分割のために

残される家族に向けて

この世から旅立つとき、今まで築き上げてきた財産は現世に残していくことになります。
自分の遺産がどのように使われるのか、親族たちはきちんと分割してくれるのだろうか。
こうした心配を抱く方は、自らの手で出来ることをやっておきましょう。
今回は、スムーズな遺産分割を進めるために被相続人が取り組める事柄について詳しく見ていきます。

 

遺言と遺言執行者

遺言によって遺産分割を正確に行いたい場合には、遺言執行人を選定すると良いでしょう。
遺言執行人とは、遺言の内容を実現するために株式や不動産の名義変更や現金化の手続きを実施する人のことです。
相続人によってえらばれるケースもありますが、被相続人が遺言によって遺言執行者を指定することも出来ます。
家族の手を煩わせたくないのであれば、法律のプロフェッショナルである弁護士を遺言執行人に指定しておくと良いでしょう。

 

 

 

遺留分に配慮した遺言

配偶者や直系親族、子供といった会見性にある親族には遺産分割における遺留分を請求する権利があります。
遺留分制度は被相続人と上記のような関係にある人たちの遺留分減殺請求によって初めて効力を発揮するのですが、もしこれに配慮しないような形で財産を残してしまうと、親族同士が遺留分の請求をしあうことになり、気持ちの良い関係性を維持するのが難しくなる可能性があります。
そのため、遺言を作成する際には遺留分がどれだけあるのかを弁護士のような法律のプロに確認しつつ作成するのが望ましいでしょう。

 

分割しやすい形に

財産には様々な形がありますが、相続人が複数いるような状態で不動産が残された場合、分割が難しくなるケースも見受けられます。
不動産価格自体は同じでも、人里離れた山と家賃収入のあるビルでは価値が全く異なります。
相続人のためを思うのであれば、不動産をある程度処分し厳禁として残しておくことをおすすめします。

 

財産の相談は弁護士に

自分の残した財産で親族が争うのをよく思う人は少ないことでしょう。
遺産分割でもめ事を起こさないためにも、財産の残し方について弁護士にアドバイスを仰ぎながら財産の処分や遺言の作成に当たってください。